表紙に戻る



御殿場口新5合目、富士宮口5合目への交通案内をまとめています。

  • 交通案内
    <電車やバスで> 首都圏から公共交通機関を利用し、短時間で登山口へ。料金はあくまで参考程度にしてください。
    ●電車
     新宿駅 − 御殿場駅(直通) 約 1時間40分 <小田急ロマンスカーあさぎり号> (片道 約3、000円)
     東京駅 − 御殿場駅(国府津乗換) 約 2時間 <JR> (片道 約2、000円)

    ●新幹線
     東京駅  − 三島駅 こだま 約 1時間 (片道 約4、400円)
     新大阪駅 − 三島駅 こだま 約 3時間 (片道 約12、000円)
     名古屋駅 − 三島駅 こだま 約 2時間 (片道 約8、000円)

     三島駅南口より、御殿場行きバス 約 50分 <富士急行バス> (片道 約1、000円)
     ★時刻表 富士急行バス← 外部リンク

     三島駅南口2番線より、【夏期富士登山バス】 富士宮口5合目行きバス 約 2時間40分 <富士急シティバス>
     (片道 約2、400円 往復3、000円)
     ★時刻表 富士急行バス← 外部リンク

    ●東名高速バス
     東京駅 − 東名御殿場 約 2時間〜2時間30分 <ジェイアールバス関東> ←外部リンク
     新宿駅西口 − 御殿場駅 約 1時間40分 <小田急箱根高速バス> ←外部リンク

    御殿場駅1番線乗り場 − 御殿場口新5合目 − 水ヶ塚公園駐車場 <富士登山バス>

     プリンスルートをご検討の方、登りは富士宮口、下りは御殿場口とご検討の方へ朗報!!!
     御殿場駅より発着する富士登山バス・ハイキングバスが、御殿場口新5合目経由水ヶ塚公園駐車場行きとなったため、マイカーの停め場所を気にせず、バスを利用することで相互に行き来可能です。

     
     御殿場市観光協会発行 【富士山御殿場口 富士登山パンフレット2013年版】掲載の交通アクセス
     ★登山アクセス(PDFファイル) ←外部リンク 直接PDFファイルが開きます

     ★下山アクセス(PDFファイル) ←外部リンク 直接PDFファイルが開きます

     【夏期富士登山バス・ハイキングバス】御殿場駅 − 御殿場口新5合目〜水ヶ塚公園駐車場
     時刻表 富士急行バス ←外部リンク

     駐車場
     ★御殿場口新5合目駐車場 500台(無料)
     ★水ヶ塚公園駐車場 1000台(有料 1台1000円)
     ★西臼塚予備駐車場 400台(水ヶ塚公園駐車場が満車時に利用可能)


    水ヶ塚公園駐車場 − 富士宮口5合目 <シャトルバス  マイカー規制中のみ運行>

     大人 片道: 1、150円 往復: 1、800円 (子供は半額)
     往復で乗車券を購入すると料金は安くなりますが、行きは富士宮口、帰りは御殿場口と検討されている方はご注意ください。

     <マイカー規制 期間>

     2016年7月9日(土曜日)9時 〜 9月11日(日曜日)昼12時(連続65日間)

     <シャトルバス運行時間>
     (行き) 朝 6時 〜 夜 8時
     (帰り) 朝 7時 〜 昼 1時

     バス運行時刻は 30分間隔。
     バスに乗車し、登山客で満席になると発車されます。水ヶ塚公園から富士宮口5合目まで約 40分。


     <シャトルタクシー>

     水ヶ塚公園駐車場 − 富士宮口5合目 片道 4、370円 小型4名 約30分

     参考ページ:
     初心者のための登山とキャンプ入門「富士山マイカー規制の期間」 ←外部リンク

     フジヤマNAVI 「富士山にのぼろう」 ←外部リンク


    <マイカー利用で>
    ●東名高速道路 御殿場ICより

     御殿場IC − 御殿場口新5合目駐車場 約30分 駐車台数 500台(無料)

     御殿場IC − 水ヶ塚公園駐車場 約40分 駐車台数 1000台(駐車料金 1000円)

     御殿場IC − 富士宮口5合目駐車場 駐車台数 500台(無料)但しマイカー規制期間中は通行禁止

     マイカー規制期間:
     (富士宮口5合目に通じる富士山スカイラインのマイカー規制)

     2016年7月9日(土曜日)9時 〜 9月11日(日曜日)12時
     マイカー規制の詳細は、静岡県公式ホームページ(←外部リンク)をご覧ください。

     マイカー規制期間中は、水ヶ塚公園駐車場(有料)、西臼塚予備駐車場、御殿場口新5合目駐車場(無料)がご利用になれます。


表紙に戻る ▲TOP

(c)74warazikan Since 2011-2016